人も歩けば

梅崎春生の同名小説を映画化したコメディ

キャバレーのドラマー・砂川桂馬は、年に似合わず強い将棋が取り持つ縁で銀座裏のなじみの質屋、将棋マニヤの成金義平の婿となった。ところが義平は祝い酒ののみすぎから結婚式の当夜、ポックリ。かくて桂馬は帳場に座ることになったがそこはドラマーの悲しさ、すっかり大損をして姑のキンに主人の座から追われてしまった。その上嫁の富子にまでないがしろにされる始末。わずかに富子の従妹・清子のあたたかさにはげまされて化粧品会社のセールスマンとなった。ようやく小づかい銭にありついた桂馬はセクシーな未亡人・すみれの新橋の飲み屋「すみれ」のなじみ客となったがその頃から桂馬のあとを一人の男がつけはじめた。

解説

梅崎春生の同名小説を映画化したコメディで、「貸間あり」の川島雄三が脚色、監督した。撮影は「夜霧の決闘」の岡崎宏三。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • コメディ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:川島雄三
    出演:フランキー堺/沢村いき雄/沢村貞子