作品 映画館 ニュース

コミッサール

女性兵士とユダヤ人家族の交流を描く

10月革命後の内戦期、革命軍の女性コミッサールのクラウディァ・ワヴィーロワは部隊と共に南ロシアの小さな町に入る。男まさりの彼女だったが、お腹には同じ革命軍士官の子がいた。そして彼女はこの町でユダヤ人のブリキ職人エフィムの一家の世話になって出産することになる。

解説

67年に製作されながら上映を禁止されており、87年に初めて復元された、一人の女性兵士とユダヤ人家族の交流を描く人間ドラマ。監督は処女作の本作を撮った後、映画製作から遠避けられていたアレクサンドル・アスコリドフでワスリー・グロスマンの原作「ベルディチェフの町で」を基に脚本も書き、撮影はワレリー・ギンズブルグ、音楽はアルフレード・シニートケが担当。出演はノンナ・モルジュコーワほか。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • ソ連(1967)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:アレクサンドル・アスコリドフ
    出演:ノンナ・モルジュコーワ/ローラン・ブイコフ

公式サイトはこちら