アメリカン・ドライブイン

真夜中のドライブイン・シアター。美しい田舎娘のボビー・アン(エミリー・ロングストレス)は恋人のジャック(パット・カートン)と、エキサイティングなデートを楽しむが、そこにドライブインを徘徊しては、せっかく楽しみに来たカップルの邪魔をする不良グループ、サージ(ジョエル・ベネット)と彼の子分たちにからまれることになる。ジャックを血まみれになるほど痛めつけたサージたちは、ボビー・アンを林に連れ込み、たっプりと楽しもうとするが、一見か弱そうな彼女が男顔負けの強さで、サージら不良グループを退治してしまうのだった。こうしてボビー・アンはジャックとの愛を確かめあうのだった。

解説

真夜中のドライブイン・シアターを舞台にしたコメディ映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはシャラド・パテル、製作・監督・脚本はクリッシュナ・シャー、共同脚本はデイヴィッド・ボール、撮影はスティーヴ・ポゼー、音楽はポール・サブーが担当。出演はエミリー・ロングストレスほか。

1988年4月9日より

  • 配給
  • 松竹富士
  • 製作国
  • アメリカ(1986)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト