黒いダイヤ

「あの日のことは忘れない」海の男が涙した

2005年2月、中部国際空港が開港した。その空港開港式典に来賓として招待されながら欠席し、海の仕事をしていた漁師がいる。愛知県美浜町の野間漁業協同組合の大崎正明組合長。5年前は、大変だった。大崎組合長は、「漁場を壊される」と空港建設に反旗を翻し、愛知県漁連から離れて、単独交渉の道を進んだ。一漁協が大プロジェクトにストップをかけるのではないかと注目を浴びた。最終段階で、カメラの前で嗚咽し、涙ながらに空港の建設を受け容れた。苦渋の選択などという言葉で括るには余りにも辛い、苦悩を隠せない海の男の姿だった。(作品資料より)

解説

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(2005)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー 
  • スタッフ・キャスト