草刈民代 最後の“ジゼル”
草刈民代 最後の“ジゼル”
草刈民代 最後の“ジゼル”

草刈民代 最後の“ジゼル”

草刈民代の、クラシック・バレエ最後の公演

日本を代表するプリマで、現在では女優として活躍する草刈民代の、クラシック・バレエ最後の公演となったロマンティックバレエの最高傑作「ジゼル」。2009年1月31日に、名門レニングラード国立バレエとの共演で行われた舞台を、夫であり映画監督である周防正行が映像化。草刈民代の魅力を余すところなく映し出す。(作品資料より)

解説

2012年12月8日より東京都写真美術館ホールにて

  • 配給
  • T&K テレフィルム
  • 製作国
  • 日本(2012)
  • ジャンル
  • その他 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:周防正行
    振付:ジャン・コラーリ/ジュール・ペロー/マリウス・プティパ
    出演:草刈民代/ミハイル・シヴァコフ/オクサーナ・シェスタコワ/ロマン・ベトゥホフ