不倫(’65)

田中重雄が監督した風俗もの

佐分利は「性の美学」なる論文で評論新人賞を得た。その内容は人類が夫婦という単位をもったのはごく最近のことで、性は本来放恣で、兇暴な貪りあいの緊張と不安のうちに美しく香ぐわしいプチ・モルトに至るべきだという結婚否定論であった。実生活において佐分利は聖子と麻樹の二人と、自由な関係を保っていた。聖子は淑かで献身的な女、一方の麻樹は出版社に勤める解放的な思想の持主で、国際級のグラマーであった。二人の女は会ったことはなかったが、互いにその存在に気づき秘かな闘いを演じていた。

解説

宇野鴻一郎の原作“不倫”より、「大捜査網」の長谷川公之が脇色、「帯をとく夏子」の田中重雄が監督した風俗もの。撮影もコンビの高橋通夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1965)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:田中重雄
    出演:若尾文子/川崎敬三/江波杏子/角梨枝子