作品 映画館 ニュース

なみだ川

いじらしくゆずりあう姉妹愛の美しさを描く

江戸日本橋。おしずとおたかという対照的な性格だが仲の良い姉妹がいた。2人はそれぞれ、長唄の師匠、仕立て屋として、神経痛で仕事の出来なくなった彫り物師の父親の代わりに一家の生計を支えていた。2人の悩みの種は、ぶらりと顔を出しては蓄えを持ち出していく、前科者の兄・栄ニの存在だった。ある日、おたかに縁談話が持ち上がる。相手は呉服屋の若旦那。だが兄の存在や、姉より先に嫁ぐことを心苦しく思ったおたかは断ってしまう。妹の心を知ったおしずは、安心させるために、自分も近所の職人の貞二郎に求愛されたと、すぐばれる嘘をついてしまう。

解説

江戸市井の庶民の哀歓を描く名手・山本周五郎の「おたふく物語」を映画化。江戸・日本橋を舞台に、お互いの幸せを尊重し合ういじらしい姉妹の姿を丁寧に綴る。姉・おしずを演じる藤村志保は、大映の演技研究生だった頃に原作を読み、いつかこの役を演じたいと思いを抱いていただけあって、お人好しをかわいく演じはまり役。(作品資料より)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  • ドラマ 

公式サイトはこちら