ロスト・イン・北京
ロスト・イン・北京
ロスト・イン・北京

ロスト・イン・北京

経済成長の中で交錯し、もがくカップルたち

ピングォは北京に出稼ぎに来て、マッサージ師として店で働いている。彼女にはビルの窓ふきをしている夫アン・クンがいるが、店が既婚者は雇わないので内緒にしている。ある日、酔ったピングォは店のオーナー、リン・トンを夫と間違えて誘惑してしまう。途中で夫ではないと気付いたピングォだったが、そのままレイプされてしまう。それをビルの窓拭きをしてたアン・クンが目撃。リン・トンの妻も含めた奇妙な四角関係が始まった…。

解説

リー・ユー監督と製作総指揮ファン・リー、女優ファン・ビンビンの問題作。このトリオは、続く『ブッダ・マウンテン』で東京国際映画祭最優秀芸術貢献賞、最優秀女優賞を受賞し、新作『DOUBLE XPOSURE』も製作している。著しい経済成長の只中の庶民を鋭く切り取ったこの作品は、2007年のベルリン国際映画祭のコンペに出品された。中国当局の指摘により激しい性描写のカットを要請されたが、実際は編集が間に合わずそのまま上映した。中国ナンバーワン女優ファン・ビンビンの体当たり演技が評判になり、女性監督リー・ユーは世界から注目を浴びた。中国では要請通りのカット版が公開されたが2008年上映禁止となっている。

2012年10月6日より新宿K’s cinemaにて(中国映画の全貌2012にて上映)

  • 配給
  • オリオフィルムズ
  • 製作国
  • 中国(2007)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・脚本:リー・ユー
    脚本:ワン・リー
    出演:ファン・ビンビン/レオン・カーファイ/トン・ダーウェイ/エレイン・チン/ツアン・メイホイツ