作品 映画館 ニュース

なつかしき笛や太鼓

木下監督が脚本も担当した木下プロ第一回作

春の瀬戸内海を家田徹と妻道子は感慨深げに四国丸亀市に向っていた。小手島での十三年間の教員生活にいま別れを告げたところだった。−−昭和二十九年の春。徹は婚約中の同僚道子の反対を押し切って離島教員として小手島に赴任した。徹はかつて、戦友林の逆境を助けることができずに彼を死に追いやったが、その遺児健一が母を失い孤児となってこの島にいると知った時、健一を育てようと決心していたのだった。周囲四キロの島の学校は複式学級で酒とバクチに明け暮れする大人たちの中で生徒たちの心はすさみきっていた。彼らは努力することを忘れ生徒たちは近島の合同運動会でもいつもビリで、誇りを持つことを知らなかった。

解説

「愛の手紙は幾歳月」の木下恵介がシナリオを執筆し、「香華」いらい久々に監督も担当した木下プロ第一回作品。撮影も「香華」の楠田浩之。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:木下惠介
    出演:夏木陽介/大空真弓/高橋洋一郎/浦辺粂子