作品 映画館 ニュース

東京のバスガール

三億円の遺産に踊らされるバスガールを描く

東京観光のバスガイド佐藤ミネ子と、アルバイト学生で洗車係の立花吾郎は恋人同士である。ある日、結婚資金の話がこじれて、二人は喧嘩別れをしてしまった。そして、ミネ子はブラジル不動産と名乗る、ニヤケ男の笹川や、彼女にいいよる外堀のことも忘れてしまった。ブラジル石油の団体を鎌倉に案内した日、鎌倉八幡で笹川がミネ子に結婚を申込んだ。あまりのしつこさをいぶかったミネ子に、驚くべきニュースが待っていた。それはブラジルで死んだ、横山修という人の遺産三億円が、ミネ子に相続されるというのだった。新聞はこれを大きく報道し、ミネ子のもとには欲につかれた男たちが押しよせた。吾郎はミネ子と身分が違ってしまい、結婚を断念し、会社を辞めて故郷の川口湖に帰ってしまった。ある日ミネ子のところにスラバニヤ領事館の野尻女史が現れ、スラバニヤ皇子との婚約をすすめた。ここにいたって、ミネ子の困惑は最高潮に達した。

解説

コロムビア・ローズのヒットソングにのせて、三億円の遺産の夢に踊らされるバスガールが主人公の歌謡映画。「あン時ゃどしゃ降り」の西島大の脚本を、「大阪娘と野郎ども」の春原政久が監督し、「あン時ゃどしゃ降り」の中尾利太郎が撮影した。美多川光子・新人の石丘伸吾・コロムビア・ローズらが出演している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1958)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:春原政久
    出演:美多川光子/コロムビア・ローズ/石丘伸吾/内海突破/有木山太