女は抵抗する

女プロモーター渡辺美佐をモデルにした作品

矢代美枝の父はベテランの興行師だったが、仲間の妨害から手持ちのバンドを横取りされプロダクションの崩壊とともに死んだ。美枝にファイトが燃えはじめたのはその時からだ。卒業を目前にした女子大生美枝の行動が開始された。人気バンド「グリーンガイズ」のリーダー久慈をくどいて、人気を二分する「ゴールデンキングス」とのジャズ合戦を企画した。美枝は久慈と、そして相手バンドのリーダー佐山をマネージする白崎興行の社長白崎をもくどいてその実現に成功した。空前のヒットだった。勝負は久慈の「グリーンガイズ」が勝った。敗けた白崎は、かつて美枝の父の世話を受けながら父をあざむき死に追いやった男だった。美枝は秘かに泣いた。

解説

女プロモーター・渡辺美佐をモデルにしたもので、「あゝ特別攻撃隊」の長谷川公之の脚本を、市川崑に師事していた弓削太郎が初めて監督した。撮影は「野火」の小林節雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:弓削太郎
    出演:若尾文子/川口浩/宮川和子/大山健二/高松英郎