地獄の饗宴

暗黒街に生きる男のアクションドラマ

五月一日、ポン引の一味戸部修は、新橋駅構内でネガを拾った。夜、現像して彼は驚いた。戦時中北支で激しいリンチをうけた時の上官伊丹が愛くるしい女と一緒に写っているのだ。五月二日、コートのネームを調べた戸部は、伊丹が月賦建築「東光住宅KK」の社長であることをつきとめたがそのビルへ来た戸部は、伊丹が既に列車転覆事故で死んだと知らされた。ビルを出る時写真の女日下冴子と出逢った。ネガは彼女が落したのだった。

解説

中村真一朗原作の推理小説「黒い終点」を、「顔役暁に死す」のコンビ池田一朗と小川英が脚色し、監督も同じコンビの岡本喜八で、暗黒街に生きる男のアクションドラマ。撮影は「黒い画集 ある遭難」の黒田徳三。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  • アクション 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:岡本喜八
    出演:三橋達也/団令子/池内淳子/小串丈夫/田崎潤