作品 映画館 ニュース

続浪曲子守唄

“浪曲子守唄”シリーズ第二作目

文吾が向う傷のジョーと共に出所した時、文吾の子供健一を預っていた照子は母に死なれて生活に困り、健一を知人に託して遠国に身を売っていた。それから文吾が健一を連れて照子を探す旅が始った。ある雪国の町に来た文吾は関東たつまき一家の銀造の許可を得て香具師の商売を始めたが根岸組に店を壊されてしまった。新興勢力の根岸組はこの町で次第に縄張りを拡げていたのである。親分を何者かに殺された銀造は未亡人のいくと跡継のタカシの成長を楽しみに根岸組に対していた。ある日、この町で女中をしている照子を見つけた文吾は彼女を妾にと狙う根岸から救い出し、逃してやった。

解説

「浪曲子守唄」の池田雄一がシナリオを執筆し、鷹森立一が監督したやくざもので、“浪曲子守唄”シリーズ第二作目。撮影も前作同様西川庄衛。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1967)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:鷹森立一
    出演:サニー千葉/真田広之/小山明子/黒川俊哉/嵐寛寿郎/田中邦衛