夜はいじわる

田中重雄が監督したメロドラマ

鰹節問屋“土佐久”ののれんは、代々女でもっているといわれても仕方がなかった。現在の社長梅二郎は婿養子で、会長である祖母のてつが実権を握っている。孫娘の桂子も美人だが祖母に似て勝気である。妹の節子は銀行員の小沢と恋愛中だが、姉より先に結婚するのはいけないとてつに言われて悩んでいる。そんなある日、土佐久にとって一大事が起きた。明日中に三百万円を振りこんでもらわないと銀行が取引きを停止するというのだ。梅二郎が、鰹節にとっては敵である科学調味料「味の一番」という新会社へ、土佐久の定期預金を担保に投資し、その会社の専務におさまっていたのである。梅二郎の初の反抗であった。

解説

「続社長三代記」の笠原良三の脚本を、「東京おにぎり娘」の田中重雄が監督したメロドラマ。撮影も「東京おにぎり娘」の高橋通夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:田中重雄
    出演:山本富士子/水谷良重/二代目中村鴈治郎/北林谷栄/船越英二/川崎敬三