作品 映画館 ニュース

千姫御殿('60)

山本富士子の千姫映画

大阪落城の際、坂崎出羽守に救い出された千姫は、坂崎の求婚を斥け、本多家に再婚した。が、千姫は吉田御殿にこもって遊興にあけ暮れた。大工の芳之助は一夜の伽を命じられたが、翌朝死体となって許婚者おかつに発見された。吉田御殿の悪評は紛々だった。本多家の若侍小林万次郎は、姫と刺しちがえて死ぬより方法はないと言い、自らその役を買って出た。しかし、万次郎は姫の美しさの虜となった。やがて、万次郎の死体も沼に上った。−−千姫に、田原喜八郎と名乗る若侍が近づいた。幸若舞の名手で、毅然とした態度が千姫の心をうった。この二人の間の空気を察した、老女如月の目が光った。千姫の夢を破ったのは、芳之助の仇を討たんと、下婢として入りこんでいたおかつだった。白刄をつきつけられ、妖婦とののしられて、千姫は驚いた。

解説

山本富士子の千姫映画で、「町奉行日記 鉄火牡丹」の八尋不二の脚本を、同じく「町奉行日記 鉄火牡丹」の三隅研次が監督した。撮影は「月影兵庫 上段霞斬り」の竹村康和。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:三隅研次
    出演:山本富士子/本郷功次郎/二代目中村鴈治郎/志村喬/滝沢修