作品 映画館 ニュース

獄門坂の決闘

秋元隆夫が監督した推理時代劇

弁天長屋の住人捨松と助十の二人は、御殿駕篭から河に投げ込まれる女を見たため、数人の武士に襲われた。二人を救ったのは、同じ長屋に住む浪人・富士崎吟三郎だった。その曲者の一人は、鬼蔦菱の紋の木札を落していった。あくる朝、材木河岸に女の死体があがった。日本橋の両替屋、近江屋の娘おみのだった。「鬼蔦菱は藤堂家の賛之紋」とわかり吟三郎の命で、勘太、長次の探索がはじまった。近江屋は、藤堂家の国元御用林払下げを受けるため、姉娘のおみのを御殿に上げようとしたのだが、その死によって妹娘お幸を差出すことを側用人新城権太夫に頼みこんでいた。

解説

新人西山栄士の脚本を、「南国太平記」の秋元隆夫が監督した推理時代劇。撮影は「次郎吉囃子 千両小判」の杉田正二。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:秋元隆夫
    出演:近衛十四郎/坂東吉弥/花園ひろみ/秋田Aスケ/秋田Bスケ/花房錦一/時田一男/藤田佳子