作品 映画館 ニュース

絞殺

息子を父親が絞殺。実際の事件を基に映画化

ある夜明け、狩場保三は、熟睡中の息子、勉を絞殺した。妻の良子は、ふるえながら夫の顔を見つめていた。一瞬、良子の脳裡に、勉との楽しかった日々の数々がパノラマのように浮かんで消えた。夫婦は、息子を一流高校に入れるため、校区に家族で転居し、ある駅前でスナックを経営していた。保三が勉に話すことは、東大へ入るんだ、エリートコースを踏みはずすなということのくり返しであった。勉はクラスメートの初子に好意を寄せており、ある日、デートに誘い、彼女を犯そうとするが、猛烈な抵抗にあって失敗する。初子は再婚の母の連れ子で、母の病死後、義父に犯され、それ以来関係を続けていた。ある日、勉がその現場を目撃してしまった。

解説

突然暴力をふるいだした有名高校に通う息子を、生命の危険に脅やかされた父親が耐えかねて絞殺したという実際に起った事件をもとに映画化。脚本・監督は「竹山ひとり旅」新藤兼人、撮影は「ある映画監督の生涯 溝口健二の記録」の三宅義行がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1979)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:新藤兼人
    出演:西村晃/乙羽信子/狩場勉/会田初子