白子屋駒子

舟橋聖一原作を三隅研次が監督した悲恋もの

材木問屋白子屋の一人娘駒子は江戸一の美人といわれ降るように縁談話があったが、番頭忠八を深く慕い歯牙にもかけなかった。忠義一徹の忠八は主家の娘と使用人、不義はお家の法度と、駒子の愛情を拒み通していた。白子屋の主人庄三郎は養子旦那であり、店は一切女房のお常が切り廻していた。そして夫のおとなしいのをよいことに、お常は髪結いの清三郎と密通していた。ある晩、材木町一帯が火事に包まれた時、駒子の危急を救った忠八は自分が駒子を愛していることを知った。二人の人目を避けての逢う瀬が続いた。一方、若い清三郎におぼれるお常は商いの金まで手につける始末、白子屋の店は大きく傾き始めていた。

解説

舟橋聖一の週刊誌連載小説を、「歌行燈」の衣笠貞之助が脚色し、「女妖」の三隅研次が監督した悲恋もの。撮影は「大江山酒天童子」の今井ひろし。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:三隅研次
    出演:山本富士子/小林勝彦/近藤美恵子/島田竜三/千秋実