戦争のない20日間

ユーリー・グルマン原作の映画化

1942年から43年にかけての数日、休暇を兼ね離れた中央アジアの都市タシケントを訪れた従軍記者のロパーチン。目的は妻との離婚という気の進まぬ用事。女優の妻は、既に男と同棲を始めていた。

解説

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • フランス(1976)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:アレクセイ・ゲルマン