作品 映画館 ニュース

ポエトリー アグネスの詩

66歳のミジャ(ユン・ジョンヒ)は、釜山で働く娘の代わりに、中学3年生の孫ジョンウク(イ・デヴィッド)を育てている。ある日、ミジャは右腕の不調を感じ、病院で診察を受ける。しかし、物忘れの方が心配だから精密検査を受けるよう言われる。病院から出ると、救急車の前で崩れ落ちる中年女性の姿を見る。川に身投げした女子中学生の母親だった。その帰り、詩作教室の募集広告がミジャの目に留まる。帰宅し、ジョンウクに自殺した少女のことを尋ねるが、素っ気ない返事しか返ってこない。小学生のとき教師に詩人になるだろうと言われたことを覚えていたミジャは、詩作教室を受講する。ミジャは、“見ることがいちばん大事”という講師の言葉に従い、見たものについて感じたことを手帳に記していく。そんなとき、ジョンウクの友人ギボムの父親(アン・ネサン)から連絡を受け、孫の仲間6人の保護者の集まりに呼ばれる。実は、自殺した少女ヒジンの死に、その6人組が関わっていたのだ。ミジャは、アグネスという洗礼名を持つヒジンの慰霊ミサに行く。そこで、入り口にあったアグネスの写真を持ち去ったミジャは、次第に彼女に心を寄せるようになり、アグネスの足跡をたどっていく。

解説

過酷な現実に直面した初老の女性が、一篇の詩に辿りつくまでの魂の旅を描く。脚本・監督は、「シークレット・サンシャイン」のイ・チャンドン。主演のユン・ジョンヒは「無頼漢」以来16年ぶりの出演となる本作で、青龍映画賞、大鐘賞映画祭、アジア太平洋映画祭の主演女優賞を受賞。第63回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞。

2012年2月11日より

  • 配給
  • シグロ=キノアイ・ジャパン(配給協力 クレストインターナショナル)
  • 製作国
  • 韓国(2010)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト