作品 映画館 ニュース

ガス人間第一号

本多猪四郎が監督した空想怪奇映画

吉祥寺の富田銀行を襲った銀行ギャングは、岡本警部補らの必死の追跡にもかかわらず、五日市街道のはずれの一軒家、日本舞踊の家元春日家あたりで姿をくらました。ギャングは、再び東海銀行を襲った。行員の死因は血管に何やら得体の知れぬ気体の詰った窒息死だった。岡本は、春日藤千代の貧窮からの立直りをあやしく思った。派手なキャデラックを乗り廻し始め、絶縁関係の芸人達にも金をバラまいているという。岡本の許婚者で東京新報の女記者京子は、藤千代の身辺をさぐり始めた。岡本らは、強奪された銀行の紙幣のナンバーと藤千代のバラまく札のナンバーが一致するのを発見、共犯容疑で逮捕した。ところが、京子の許に犯人から新宿の三協銀行を襲うという予告の電話があった。

解説

「大空の野郎ども」の木村武の脚本を、「宇宙大戦争」の本多猪四郎が監督した空想怪奇映画。特技監督は円谷英二。撮影は「宇宙大戦争」の小泉一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:本多猪四郎
    出演:三橋達也/佐多契子/土屋嘉男/八千草薫/田島義文/三島耕/小杉義男