作品 映画館 ニュース
イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘
イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘
イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘

イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘

ウラン産地が残した“負の遺産”とは?

かつてヒロシマ型原爆32万個分のウランを産出した旧東ドイツ南部。中でも、採掘会社ヴィスムート社は世界第3位の生産高を誇り100%旧ソビエト連邦に輸出していた。高給を保証し一時は12万人もの社員を雇用していた同社は、鉱石1トンからわずか数グラムしかウランが取れず、採掘後の鉱石は放射能を帯びた有害物質であることを明かさなかった。国家規模で約40年間も隠された事実の上に築かれた繁栄は、時代の大きなうねりにより断ち切られる。東西ドイツ統一〜旧ソビエト連邦崩壊後、新政府によって下された判断は、東ドイツ南部の危険地域指定とウラン生産の無期限停止であった。だが、これで終わらない。ヴィスムート社社員に忍び寄る高い肺ガン発症率。ウラン工場から周辺に放出された2億トンに及ぶ放射性の汚泥。ボタ山と化した莫大な量の廃棄物…危険かつ出口のない処理作業は65億ユーロもの税金を食いながらも解決方法が見いだせぬまま、延々と続く。

解説

原子力発電の燃料として使われるウランが、鉱石採掘の段階で処理不可能な放射性物質を大量に発生させている事実を、世界各地のウラン採掘現場への5年間に渡る取材により明らかにした衝撃作。イエロー・ケーキとは、天然のウラン鉱石を精錬して得られるウランの黄色い粉末のこと。3.11以降脱原発を決意・宣言したドイツから全世界に発せられた、現代の黙示録だ。(作品資料より)

2012年01月28日よりアップリンクほか全国にて順次公開

  • 配給
  • パンドラ
  • 製作国
  • ドイツ(2010)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ヨアヒム・チルナー
    ナレーション:ハンス・エッカート・ヴェンゼル

公式サイトはこちら

(C)2010Un Welt Film Produktionsgesellshaft