珍Gメン

ジョニイはGメンになるのが望みでった。彼は故郷の巡査に書いてもらった紹介状を持って、ロサンゼルスの警察へ行って採用を願ったが相手にしてもらえなかった。止むなく彼は前と同様に飲食店の給仕をして働いたが、故郷にいる恋人モリーには「今自分は重大な仕事についている」と手紙を書いたので、彼の出世に驚喜したモリーは突然ロサンゼルスにやってきた。ジョニイは今さら本当のことは言えず、Gメンは重大事件の起こった際には給仕に変装するのだと話した。彼はいつも変装用の道具と小さな写真機と、麻酔薬を発射する万年筆とを用意していた。そしてGメンの隊長カートライトの助手ホーガンに採用試験をしてくれるように頼んだ。ホーガン等は面白半分に彼を道場へ連れていき、ジョニイがへとへとになるまでなるまでいろんな試験をしたあげく、彼をFマンにしてやると言った。嘲弄されたとは知らぬジョニイは命令された通りFマンの規則としていろんなことを見聞きして何一言も言わぬこと、警察へ近寄らぬこと、女と話してはならぬことを固く守った。その頃Gメンはギャングのクレマーを検挙しようとして計画を進めていた。ある日モリーがジョニイを訪れた時、親しげな女声の電話が彼のところへかかってきたのでモリーは腹を立てたが、彼はその声は顧客ショウ氏だと弁解した。しかしその晩ジョニイはモリーに待ちぼうけを食わせて約束の場所へ来なかったので裏切られたと思った彼女は絶交してしまった。その実ジョニイはホーガンの命を守って彼女と会わなかっただけである。翌日店へ現れたカートライトを彼はクレマーと信じてホーガンに通知したので、とうとう彼はFマンをクビになった。ホーガンは金持ちに変装してクレマーの情婦に近づき、彼らのいかさま賭にかかったふりをして彼の住所を突き止めたが、そこへモリーを連れたジョニイが彼女の誤解をといてくれと乗り込んだので、ホーガンとモリーはショウことクレマーのために誘拐されてしまった。ジョニイは直ぐ後を追って一流の珍妙な大活躍をやってついにギャングを全部捕らえた。しかし彼は功によって与えられたGメンの位置も断り、モリーと結婚して商売を開くことにした。

解説

「迷優ナポレオン」「花嫁は泣きました」のジャック・ヘイリーが主演する喜劇で、「進めオリンピック」「クーパーの餓鬼大将」のエドワード・クラインが監督した。

  • 配給
  • 製作国
  • アメリカ(1936)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト