霧と影

「花と嵐とギャング」の石井輝男が監督した推理ドラマ

能登半島の青蛾小学校の教員笠原が観音崖の上から遂落死を遂げたという、毎朝新聞地方版を読んだ記者の小宮は「極端な高所恐怖症だった笠原がなぜ危険な断崖の上を歩いたか」という疑問を持った。小宮は能登へ急行した。小宮は笠原夫妻とは学校友達であり、笠原の妻雪子の妹良子とも面識があった、笠原は事件のその日、猿谷郷に住む長期欠席児童宇田清の家庭訪問に行ったまま消息を断ったのだ。小宮は地方通信員坂根と協力、笠原の足取りを追った。その結果、笠原はその日、富山の薬売りと一緒に猿谷郷から山を下ったという情報から、その薬売りは松本貞次郎という名で、もう一人の連れの男と東京へ発ったことも分った。

解説

水上勉の同名小説を「モーガン警部と謎の男」の高岩肇と、石井輝男が脚色「花と嵐とギャング」の石井輝男が監督した推理ドラマ。撮影は「特ダネ三十時間 東京租界の女」の佐藤三郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:石井輝男
    出演:丹波哲郎/永井智雄/梅宮辰夫/杉義一/高石義郎/北山達也/鳳八千代