作品 映画館 ニュース

上役・下役・ご同役

本多猪四郎が監督したサラリーマンもの

桜レーヨン株式会社営業課長平山周平はサラリーマンの鑑と言われている。仕事はする、正直実篤、部下を愛するの類である。彼の課に甥洋一の学友中村太郎が新しく入って来た。ドライ青年の洋一とは正反対の好青年で、すでに周平の長女好子は太郎のファンであった。やもめの周平に縁談が起った。上役佐竹部長の貴子夫人がクラスメートの池貝三千代を推挙したのである。美人の三千代に心は動いたが、周平は子供達を思うと決心がつかなかった。これに目をつけたのは洋一だった。洋一は三千代と周平の仲をとりもつと約束して、貴子夫人を通して愛人のジャズ歌手ドモン若杉を桜レーヨン専属テレビタレントに売り込んでしまった。

解説

大和勇三の同名の随筆から、「新・三等重役」の沢村勉が脚色し、「鉄腕投手・稲尾物語」の本多猪四郎が監督したサラリーマンもの。撮影は「孫悟空」の小泉一。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1959)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:本多猪四郎
    出演:山内賢/加東大介/水野久美/幸田良子/草笛光子/田島義文/久慈あさみ