男の銘柄

円地文子の原作を弓削太郎が監督した情事もの

とある郊外の療養所。一組の若夫妻が医者や看護婦の祝福を受けて退院してゆく。彼は高校教師の志村豊男。彼女は妻の里枝。献身的に夫の看病をする平凡な妻であった。ところが彼女には一つの秘密があった。それは株。親友の株のセールス・ウーマン、長谷部朋子が舌をまくほどよいカンをしている。だがふたりのなかは二階に下宿している女子大生の敏子がうらやむほど。ところがある日、里枝は夫の行動に疑問をもった。

解説

週刊文春に連載された円地文子の原作を荒井八郎が脚色。「幼馴染みというだけさ」の弓削太郎が監督した情事もの。撮影はコンビの石田博。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:弓削太郎
    出演:筑波久子/大瀬康一/根上淳/渋沢詩子/左幸子/丹羽又三郎