玉割り人ゆき

昭和初期、京都・島原の廓を舞台にして、玉割り人と呼ばれる女仕事師の悲哀を描く

昭和初年、京都・島原。当時、遊廓に売られて来た未通女に性技の基本を教え、娼妓には特殊な性技を仕込むセックスの師匠がいた。廓では、彼らを称して“玉割り人”と呼んだ。その玉割り人の中でも、ひときわ美しく、性技にたけた、ゆきという女がいた。ゆきは廓の女たちに値をつけるのが毎日の仕事だった。ある日、仕事を終えて帰る途中、警官に追われているアナーキストの森から拳銃をあずかった。妓楼扇屋の娼妓小園の足抜きに失敗した大工の六造が捕まった。扇屋の主人万吉は二人の仕置きをゆきに一任した。六造は小園に誘惑されて足抜きしたと言いはり、自分の非を認めない。ゆきは六造の生爪を剥がした後、六造の一物を斬り落とした。

解説

原作は三木孝祐・作、松森正・画の同名劇画。脚本は「生贄夫人」の田中陽造、監督は新人・牧口雄二、撮影は塩見作治がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1975)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:牧口雄二
    出演:潤ますみ/森崎由紀/大下哲矢/奈辺悟/川谷拓三/北村英三/八木孝子/白川みどり/山田真士