作品 映画館 ニュース

四万人の目撃者

有馬頼義の同名小説を映画化

セネタースの四番打者・新海が三塁にすべりこんだ瞬間、死んだ。四万人の目撃者の一人、高山検事は、同じ目撃者の親友・笛木刑事と調べ始めた。死因は狭心症とされたのだが。家族は妻君の菊江と息子、それに菊江の妹の阿い子の三人で、経営する喫茶店はマネジャーの嵐、会計の田沼のほかに給仕が五人いる。高山が死体の解剖を申しこんだ時、阿い子が反対した。彼女の恋人、矢後捕手は新海の代りにレギュラーになった。四番として猛打した。が、“新海殺し!”という弥次でスランプになり、ひっこめられた。原島監察医の解剖の結果新海は、自然死とも、農薬による毒殺とも考えられた。菊江の話では、彼はビタミン剤を常用していた。

解説

週刊読売に連載された有馬頼義の同名小説を映画化した推理映画。「晴れ姿勢揃い 剣侠五人男」の共同執筆者・高岩肇が脚色し、「正々堂々」のコンビ堀内真直が監督し、小原治夫が撮影した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:堀内真直
    出演:佐田啓二/伊藤雄之助/杉浦直樹/岡田茉莉子/安井昌二