作品 映画館 ニュース

アクシデント(2011)

車の渋滞の中、一人の男がビルの上から砕け散った大量のガラスの破片を浴びて死んだ。血の海に転がる死体の正体は、黒社会の大物ボス。警察はそれを事故による死亡と発表する。だが、それはブレイン(ルイス・クー)、ふとっちょ(ラム・シュー)、女(ミシェル・イエ)、そしておやじ(フォン・ツイファン)たち4人の仕業、すなわち殺しだった。彼らは、緻密な計算と周到なトリックにより偶然の事故に見せかけて標的を殺害する闇の仕事人なのだ。彼らの次の仕事は、質屋の息子からの殺害依頼。標的は、質屋の実質の経営を握る父親。ある雨の夜、4人は鮮やかな手際で標的を殺害。完璧な“偶然”を装った殺しを遂行した……はずだった。突如、全く予期せぬ別の“偶然”により彼らの計画は狂い、仲間の一人が死んでしまう。もしかしてこれは“偶然”ではなく、何者かが仕組んだ殺しで、狙われていたのは彼ら4人なのではないか。家に戻ったブレインは部屋が何者かによって荒らされていることで、その疑念が大きく渦巻いていく。そしてその黒幕を暴くためにある男(リッチー・レン)を見張るのだが……。

解説

緻密な計算と周到なトリックにより“殺し”を実行する闇の仕事人たちの姿を描く香港ノワール。製作を「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」のジョニー・トー、監督を「軍鶏 Shamo」のソイ・チェンが担当。出演は「コネクテッド」のルイス・クー、「スナイパー:」のリッチー・レン、「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を」のラム・シュー、「ドリーム・ホーム」のミシェル・イエ。

2011年10月8日より

  • 配給
  • ブロードメディア・スタジオ
  • 製作国
  • 香港(2008)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト