反逆の旅

殺し屋を廃業のため、最後の殺しを行なった主人公が、一人の少女を愛したために、破滅へ向って走ってゆく姿を描く

加倉井浩は、政界ゴロの河村を殺した。彼の殺しは完璧で、今度もまた何の手がかりも残さなかった。彼はマンモス団地に住み、表向きは玩具のデザイナーを職業とする、子供好きな平凡な男であった。加倉井は“殺し”という、神経をすりへらす仕事に少し疲れを感じ、足を洗おうと考えていた。瀬戸内海の小島に土地を買い、そこで余生を送り、一人でひっそり死にたいというのが彼の夢だった。そんな加倉井に、新しい殺しの依頼があった。見えない組織が足利遠枝を通じて指令を送ってくるのだ。遠枝はかつて、加倉井が愛した女であった。彼女の肉体の魔力が彼をこの世界に誘い込んだのだった。今度の殺しの標的は溝口征義という汚職事件の鍵を握る政・財界の黒幕であった。加倉井は、この難しい殺しを最後の仕事にしようと心に決めた。

解説

殺し屋を廃業するために、最後の殺しを行なった主人公が、一人の少女を真剣に愛したために、破滅へ向って走ってゆく姿を描くアクション映画。脚本は「ナンバーテンブルース」の長田紀生、潤色は宮川一郎、監督は「やさぐれ刑事」の渡辺祐介、撮影は「撃たれる前に撃て!」の小杉正雄がそれぞれ担当。原作は藤原審爾(「よるべなき男の仕事・殺し」)(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1976)
  • ジャンル
  • アクション 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:渡辺祐介
    出演:原田芳雄/高橋洋子/麻生れい子/尾藤イサオ/田中邦衛