ネオンくらげ 新宿花電車

“ネオンくらげ”シリーズ二作目

故郷の東北を後にして華やかな都会にあこがれて上京したゆきは、チンピラ三人に強姦されてしまった。数ヵ月後、ゆきは新宿のバー“ドミンゴ”のキャッチ・ガールとなっていた。このバーは、ママの晴美とヒモの山下の経営である。ゆきと同僚の友子は、性に奔放なゆきとは対照的に貞操感の固い女で、恋人の大学生に金を貢いでいた。ある日、ゆきは山下と出かけた競輪場で、同じ故郷の邦夫と知り合った。ヤクザにそそのかされて八百長レースを走った邦夫は、レースを失敗して袋叩きにあっていたのだった。

解説

ネオン華やかな盛り場の片隅で、何度も挫折しながらも逞しく生きるバイタリティー溢れる少女を描く。脚本は、「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」の金子武郎、監督は脚本も執筆している「夜の歌謡シリーズ 女のみち」の山口和彦、撮影は「ネオンくらげ」の飯村雅彦がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1973)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:山口和彦
    出演:山内えみ子/沢田情児/地井武男/葵三津子/森みつる