ちづる
ちづる

ちづる

妹のことをどう説明したらいいかわからない。だから言葉で伝えるかわりにカメラを向けることにした。

立教大学現代心理学部映像身体学科の赤崎正和が、自身の卒業制作として企画した本作は、重度の知的障害と自閉症をもった赤崎の妹・千鶴とその母を1年に渡り撮り続けたドキュメンタリー作品。最も身近な存在でありながら正面から向き合えなかった妹にカメラで対話した監督は、映画を撮り終える頃、家族との新しい関係を築き上げている自分に気付く。作者の精神的な成長がいみじくも映像に刻印されてしまった稀有なドキュメンタリーと言える。(作品資料より)

解説

2011年10月29日よりポレポレ東中野、横浜ニューテアトルにて

  • 配給
  • 「ちづる」上映委員会
  • 製作国
  • 日本(2010)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督・編集:赤崎正和

公式サイトはこちら