大殺陣 雄呂血

「座頭市の歌が聞える」の田中徳三が監督した剣戟映画

信州水無月藩井坂道場の師範代を務める小布施拓馬は、岩代藩士樫山伝七郎殺害事件の下手人水無月藩家老の息子片桐万之助の身替りとして、姿をかくすことになった。藩の用人真壁半太夫の説得によるもので、彼の娘波江は拓馬の婚約者であった。約束の一年後、高崎の本陣を訪れた拓馬はそこで半太夫の急死と例の事件の証人真壁十郎太の裏切りを知って愕然とした。しかも下手人として捕えられようとした。数人を斬って逃れたものの武士の約束を破られた拓馬は失望し、人がかわったように見えた。そして無実の囚人に味方して非情の代官を斬った。

解説

寿々喜多呂九平の原案を「陸軍中野学校」の星川清司と新鋭中村努が共同で脚本を執筆、「座頭市の歌が聞える」の田中徳三が監督した剣戟映画。撮影は「ほんだら捕物帖」の牧浦地志。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1966)
  • ジャンル
  • 任侠/時代劇 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:田中徳三
    出演:市川雷蔵/八千草薫/藤村志保/中谷一郎/五味龍太郎/内藤武敏