作品 映画館 ニュース
かすかな光へ
かすかな光へ
かすかな光へ

かすかな光へ

生きるとは、学ぶとは 93歳、夢とあこがれを語る

一兵卒として体験した戦争。そこで待っていた36時間の生と死が交錯した漂流。敗戦直後、様々な職業の住民参加の中で取り組んだ“民衆の学校”づくりとその挫折。そして、自ら働く人たちの中に飛び込んでいった共同学習。それは村の“不良少年”と生活を共にし、学ぶことを通して、初めて心と心が通った学習体験だった。社会も教育の姿もガラリと変わった高度経済成長時代。国を被告とする家永教科書裁判、そして、人間の絆が断ち切られる孤独化減少。大田堯の人生は戦後と真正面から向かい合っていく。その中でつかんだ教育とは、“教え育てる”という従来の教育観を根底から覆すものだった。そして大田はいま、自然の摂理にそった生命あるものの絆の再生をめざす。

解説

タイトルロールの『かすかな光へ』は谷川俊太郎の同名詩から付けられた。また、本作での詩の朗読は詩人自ら行っている。監督は、高知の高校生の平和学習を記録した『ビキニの海は忘れない』『渡り川』、夜間中学を記録した映画『こんばんは』など、青春と学びを描いてきた森康行。(作品資料より)

2011年7月30日よりポレポレ東中野ほか全国にて順次公開

  • 配給
  • ウッキー・プロダクション
  • 製作国
  • 日本(2011)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:森康行
    朗読:谷川俊太郎

公式サイトはこちら