吶喊

明治維新という変革の意味、そして変革の姿を浮き彫りにした青春喜活劇

今から百年程前。奥州・安達ケ原で、貧乏で嫁も貰えない千太という若者が旅の女を追いかけている。その時、銃声が轟き、万次郎という官軍の密偵見習の青年に、その女、官軍参謀の情婦・お糸を奪われてしまった。戊辰の戦いは薩長雄藩の会津への憎しみから始まり、奥羽戦争は奥羽列藩の世良参謀への怒りから始まった。仙台藩有志による、尊大横暴の奥羽鎮撫総督・世良修蔵暗殺の夜、同じ妓楼で、千太はテルという妓、万次郎はお糸の手で筆下ろしをした。その頃、奥羽の玄関口、白河城は官軍の手に落ち、奥羽列藩組は敗走していた。殊に仙台藩軍の弱腰に怒った、仙台藩下級武士の細谷十太夫は、博徒、百姓、土方など五十七名を集めて、カラス組というゲリラ隊を組織した。千太もカラス組に参加したが、時勢に詳しい万次郎は、時の流れに無知な彼等を鼻の先で笑った。

解説

幕末の“戊辰の戦い”にまきこまれた若者たちの生きざまを通して、明治維新という変革の意味、そして変革の姿を浮き彫りにした青春喜活劇。なおタイトルの“吶喊”とは、突貫する時にあげるときの声の謂。脚本・監督は「青葉繁れる」の岡本喜八、撮影も同作の木村大作がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1975)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:岡本喜八
    出演:伊藤敏孝/岡田裕介/高橋悦史/伊佐山ひろ子/千波恵美子