任侠外伝 玄海灘

玄海灘に巣喰う一匹狼のヤクザを主人公に、ヤクザ同士の抗争と屈折した性との葛藤を描く

はるか朝鮮半島の黒い島影がのぞめる玄海灘。一匹狼を自認する近藤とその舎弟分の田口は、東京に本拠を持つ沢木組の代貸・沢木の指令を受けて密航して来た韓国の女達を中央に売りさばく仕事を請け負った。沢木がこの儲けの多い仕事を組員でもない近藤に任せているのには、理由があった。−−25年前、朝鮮戦争のさなかの昭和26年、当時学生だった沢木と近藤は、横浜で死体処理のアルバイトをしていたのだが、ふとしたきっかけで、朝鮮へ行く事になり、アメリカの軍属として釜山で働く事になった。そして二人は、アメリカ軍属という特権で、米国兵や韓国兵の認識票を手に入れ、暴虐の限りをつくした。そんなある日、沢木が女を締め殺し、死んだ女を近藤が犯した。怨みをこめた表情を残して横たわる女が、ぞっとする程美しかった。以来、近藤の脳裏にはその姿が焼きつき、女を抱く気になれなくなった。

解説

脚本は「哥」の石堂淑朗、脚本・監督はこれが第一回監督作品の唐十郎、撮影は瀬川浩がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1976)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:唐十郎
    出演:安藤昇/宍戸錠/李礼仙/李礼仙/根津甚八/小松方正