作品 映画館 ニュース

穴('57)

市川崑が監督したロマンティック・コミック・スリラー

有能な美人記者北長子は、鳥飼巡査から聞き出した材料で、猿丸警部をモデルにした汚職警官の記事を書いて、文芸公論を馘になった。悲観している長子に友達の赤羽スガが、長子自ら一カ月間この世から失踪して、そのルポルタージュを書き、その長子を探す懸賞募集というプランを、雑誌社に売りこめとすすめた。長子は週刊ニッポン社と契約して、スガの紹介で第億銀行の白州に資金を借りに行った。白州は部下の千木や六井と共謀して、自分たちの預金横領の犯人に長子を仕立てようとたくらんだ。ある日、長子は例の記事のために、警官を免職になり千葉に帰って私立探偵になるという鳥飼に会った。失踪完遂の前日、変装した長子は白州をたずねた。

解説

撮影は小林節雄。主演は「夜の蝶」の京マチ子、船越英二、山村聡、川上康子、「真昼の対決」の菅原謙二。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1957)
  • ジャンル
  • スリラー/サスペンス 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:市川崑
    出演:京マチ子/船越英二/山村聡/菅原謙二