作品 映画館 ニュース

トイレット部長

藤島茂の同名原作を筧正典が監督したサラリーマン喜劇

太古から現代に至るまで、トイレットは人間の生活様式と共に変ってきた。しかし、小さなこの世界にこそ、いつに変らぬ本当の人間生活があるのではなかろうか。かのニュートンが地球の引力を発見したのも、トイレットの中だといわれている。国鉄本社の営繕課長笠島昇の仕事は、国鉄各駅トイレットの維持改善である。妻の友子は、夫の話題がトイレットのことばかりなのでうんざりしているし、息子の稔が近所の子供から「駅便課長」とからかわれるのが可哀相でならない。新入社員の三上も、トイレットがつまって困るという種類の話は大きらいのようだ。笠島は三上をゆっくり説得するつもりで自宅へ招いた。

解説

藤島茂の同名原作を「サラリーマン目白三平 亭主のためいきの巻」の松木ひろしが脚色、「出世コースに進路を取れ」の筧正典が監督したサラリーマン喜劇。撮影は「東京夜話」の玉井正夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1961)
  • ジャンル
  • コメディ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:筧正典
    出演:池部良/淡路恵子/島津雅彦/浜美枝/沢村貞子