作品 映画館 ニュース

黒線地帯

石井輝男が監督した秘密売春組織を描いたもの

トップ屋の広二は秘密売春組織を追っていた。街頭の女易者の案内で、つれこみ宿へ行くが、そこで眠り薬を飲まされた。目覚めた時、女は首をしめられて死んでいた。ワナだ。町田は女易者とポン引の行方を探った。この“踊り子殺人事件”を新聞が報じ、町田のライバル鳥井も動き始めた。町田は例の旅館の女中を街で見かけ、話をきこうとした時、車が女をはねた。女の髪の中から麻薬が出てきた。また“あの晩の男はサブ”とも言い残した。警察に、事件を知らせる女の電話があった、−−町田の急報と同じ頃に。鳥井はテープの声を町田と判別し、彼に目星をつけた。町田は死んだ踊子と親しかったという洗濯屋を探るが、手がかりはなかった。が、街で拾った女の麻薬常用者からサブの居所を知った。

解説

「人形佐七捕物帖 裸姫と謎の熊男」の宮川一郎と「猛吹雪の死闘」の石井輝男の脚本を、石井輝男が監督したもので、秘密売春組織を描いたもの。「静かなり暁の戦場」の吉田重業が撮影した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1960)
  • ジャンル
  • ドラマ 

公式サイトはこちら