作品 映画館 ニュース

アパッシュ(1919)

パリへ音楽の修行に来ていた米国のヘレン・アームストロングは、焔に身を焦がす夏の虫のように、愚かにもハリスン・フォーブスという薄情男に己が誇りまでも捧げたが、パリの貧民層の中に生活する美しいナタリーにフォーブスが迷って、彼女を家に引き入れたのを見、自分が奔れたのを知ると、絶望の極フォーブスと争った挙げ句自殺する。彼女は臨終の苦しい息の下から自分と瓜2つのナタリーに、米国にいる祖父を悲しませないため、自分の身代わりになってくれと頼む。ナタリーはジャンという夫から苦しめられていた際とて、ヘレンとなることを承諾した。ハリスンがジャンに殺された時、嫌疑は彼女に懸けられたが、結局は万事判明してめでたく解決がつく。

解説

アデール・バフィントン女史の原作、ジョセフ・ド・グラス氏の監督になった人情劇で、ドロシー・ダルトン嬢が2役を演出している。『筋に行き詰まった際1人2役を筋の材料にすることが流行しているが、こうしたものから特殊の感銘は得られない。ダルトン嬢の2役は巧みに演ぜられ、パリ暗黒街の気分も良く出ている。』とニュース誌が評している。

  • 配給
  • 日活
  • 製作国
  • アメリカ(1919)
  • ジャンル
  •  

公式サイトはこちら