大学祭り

ウィンフィールド大学の恒例演芸大会の練習がビドル教授指揮のもとに行われた。幻覚な教授はオーケストラがメースン助教授の指揮でジャズをやりだすと、苦い顔をして彼の思う通りの演芸会をやらねばならぬと警告した。メースンに奨められてベティ、バズ、トラウト、ラバーレッグス等の学生は大学の卒業生でブロードウェイの有名な演出家チャック・ダリイに会の指揮を頼むが、報酬1000ドルでは不承知だと言われて悄然と帰校した。しかしダリイの最近の興業が思わしくなく、金の欲しい折だったので、助手ウィリアムは彼に承諾するように説いて 二人は大学の寄宿舎に泊まり込んで指揮をすることになった。二人は昔を偲んで新入生の帽子をかぶり校庭を散歩していると、彼らを新入生と間違えた学生等に悪戯をされるがメースンとウォッシュバーン教授に助けられる。メースンとダリイは旧友だったのである。練習会でダリイは前の番組をやめて自分の作った出し物を並べようとしたのでビドル教授と意見の衝突をみる。ダリイは黒人のバクとバブルの踊り、メースンのオーケストラ等を急進に着々と練習を進める。ビドルはこれを妨害しようと計っている。その間にウィリアムは女優志願のカドルスと恋を語り、ダリイとバーバラの間にもロマンスが芽生えた。ビドルは評議会員を説伏して学生たちが練習に夢中で学業を怠っている学科のレンジ試験をやる。それに不合格の者は演芸大会に出場させないことになったが、幸いに全部パスした。練習から閉め出されたビドルは学生たちの識見を再び委ねるように学長に頼む。学長はダリイを罷めさせたので学生はストライキを始める。学校の名誉を学長に説かれたダリイはウィリアムとニューヨークに帰るが、自分たちを退学処分にさせないためにダリイが身を退いたと知った学生たちは、彼らの手でダリイの立てたプログラム通りの演芸会をやって大成功を収める。

解説

「唄う陸戦隊」「陽気な街」のディック・パウエルとジャズ楽壇の雄フレッド・ウェアリングが出演する映画で、ウォーレン・ダフとシッグ・ハージッグとが協力書き下ろし、この二人にさらにジェリー・ウォルドとリチャード・マコーレイが加わって脚色に協力、「大森林」「弾丸か投票か」のウィリアム・ケイリーが監督に当たり、「化石の森」「お姫様大行進」のソル・リポートが撮影した。なおフィナーレのレビュー・シーンはバスビー・バークレー監督、ジョージ・バーンズ撮影になった。助演は映画畑から「高飛び成層圏」のテッド・ヒーリー、 「陽気な街」のウォルター・カトレット、「踊る37年」のリー・ディクソン等が、ウェアリングのペンシルベニアンズ団から花形のプリシラおよびローズメリーのレイン姉妹、ジョニー・デイヴィス、ポリー・マックリントック、ジョージ・マクファーランド等がそれぞれ腕を競っている。

  • 配給
  • 製作国
  • アメリカ(1937)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト