土竜の祭

土竜の祭

ホームヘルパーの女性3人組が、介護する老人の身に起こった事態からある大きな事件に巻き込まれてゆく物語

おっちょこちょいでお金にルーズな朝子。クールでどこか陰のある霞。能天的で生意気な千晴。彼女達は在宅介護を請け負うホームヘルパーだ。わいわい、いつもの様に賑やかに仕事をしていると、担当する熊谷老人からお金を振り込んできてくれないかと頼まれる。一人暮らしで足が不自由な熊谷さんに代わって朝子はお使いに出かける。すると、街で友人に出会い、「借りっぱなしのお金を返して」と迫られる。手持ちのない朝子は、思わず預かっていたお金を使ってしまう。失敗を謝る朝子に、熊谷さんは怒るでもなく、悲しそうにあのお金の「使い道」を話し出す。熊谷老人の悲しい過去が明かされて、事態は思わぬ方へ動き出す。

解説

映画監督・井土紀州と日本映画学校俳優科、映画美学校フィクションコースとのコラボレーションによって誕生した本作は、鮮烈なテーマとプロのスタッフも参加したクオリティの高い撮影・演出技術によって、実習作品の枠を軽々と超え、劇場公開されることになった。(作品資料より)

2010年11月27日よりユーロスペースにて

  • 配給
  • 映画一揆 上映委員会
  • 製作国
  • 日本(2009)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:井土紀州
    出演:ほたる/長宗我部陽子/阿久沢麗加/ペロリ/橘佳世/山本隆世

公式サイトはこちら