平穏

3年の刑を終えて出所した平凡な男・アンテク・グララク。彼の夢は「女、子供、マイホーム」と平穏な生活だった。なんとか建設現場に就職。仕事仲間とも打ち解け、妻と子供も出来、夢に見た平穏な生活を掴んだかに見えたが、そんな彼に不幸が訪れる……。

解説

平穏に暮らすことを求める男の挫折を描いたドラマ。監督・脚本は「スタッフ」のクシシュトフ・キェシロフスキ。1976年に制作されるも政府の検閲により一般公開は1980年まで延期された。グダニクス映画祭審査員特別賞受賞(1981年)。2009年6月20日より渋谷ユーロスペースにての特集上映「キェシロフスキ・プリズム」で日本初公開された。

2009年6月22日より

  • 配給
  • ワコー=グアバ・グアボ
  • 製作国
  • ポーランド(1976)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト