作品 映画館 ニュース

トニー・ローム殺しの追跡

フロリダ州マイアミ。船を住居にしている私立探偵トニー・ローム(フランク・シナトラ)は競馬と女性に熱心になりすぎ、最近ではすっかり、しけこんでいる。こんなやさき、昔の相棒ターピンに頼まれ、マイアミのモーテルで酔いつぶれているダイアナ(スー・リオン)を家まで送っていった。彼女は億万長者コスターマンの娘で結婚しているのだが身持ちが悪く、コスターマンは早速トニーに彼女の素行調査を依頼した。一方ダイアナも盗まれたダイアのピンを、トニーに探してもらうことになった。その後トニーは、ターピンが、彼の自宅で殺されているのを発見した。現場に残されていた血痕から、ターピン殺しの犯人の1人は負傷しているとトニーは睨んだ。かねてターピンを狙っていた2人のならず者ニモとキャットレグに相違ない。ある日トニーの所へ、ダイアナのダイヤのピンが郵送されてきた。だが、これはニセモノだった。こんなことがあってから、トニーの身辺は急に忙しくなり、コスターマン家で知り合った美貌の未亡人アン(ジル・S・ジョン)の誘いに応える暇すらなかった。そのうちにコスターマンの身辺が危うくなり友人のサンティニ警部の協力を得た。そして、トニーの追っている男ニモは、コスターマンの後妻リタとかつて結婚していたことがあり、正式に離婚していないことから、リタの二重結婚が明るみに出た。一方、ダイアナを尾行すると、彼女はしばしば、実母のローナと会っていた。ローナは悪徳医師のボイドと結婚しており、そのうえ、ボイドが重傷者の手当てをしているのが、わかった。この重傷者こそ、トニーの家でターピンを殺し、血痕を残していった男だ。その後トニーはボイドとキャットレグがニモの死体を埋めているのを発見した。重傷を負っていたのはニモだったのだ。これで、すべてが判明した。すなわち、悪徳医師ボイドは、キャットレグたちと結託してコスターマンを殺そうとしていたのだ。そして二重結婚をしているリタの財産相続権を無効にして、ひとまず、ダイアナに財産を相続させる。そのうえで、ダイアナと実母ローナ、すなわちボイドの現夫人との愛情をうまく利用して、財産横領を企んでいたのである。

解説

マーヴィン・H・アルバートの小説『マイアミの傷害罪』を「ナイアガラ」のリチャード・ブリーンが脚色、「電撃フリント・アタック作戦」のゴードン・ダグラスが監督した探偵もの。撮影は「特攻大作戦」のジョセフ・バイロック、音楽はビリー・メイが担当した。出演は「クイーン・メリー号襲撃」のフランク・シナトラ、「殺しのエージェント」のジル・セント・ジョン、「恋とペテンと青空と」のスー・リオン、新星ジーナ・ローランズほか。なお、主題歌をナンシー・シナトラが歌っている。製作は「おしゃれスパイ危機連発」のアーロン・ローゼンバーグ。

1968年6月22日より

  • 配給
  • 20世紀フォックス
  • 製作国
  • アメリカ(1967)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト