作品 映画館 ニュース

戦う幌馬車(1967)

仮出獄を許されたトウ・ジャクソン(ジョン・ウェインン)が、ニューメキシコの故郷エメットの町に帰って来た。トウは自分を無実の罪に陥れて、刑務所へ送り、その間に彼の所有する土地と金鉱を奪ったピアース(ブルース・キャボット)に復讐を果たさんとして、戻って来たのだった。驚いたピアースは賞金1万ドルで、トウを殺してくれと流れ者のガンマン、ローマックス(カーク・ダグラス)に頼んだが彼は返事をしなかった。トウとローマックスの間には、ピアースが砂金を運ぶ装甲馬車を襲撃して、50万ドルの砂金を奪おうという計画が進められていたのだ。2人は先ずメキシコ人の無法一味の1人だった熊のリーバイ(ハワード・キール)を仲間にし、さらにアル中のくせに爆発物を扱わしたら天才のビリー(ロバート・ウォーカー・ジュニア)を味方にした。一方トウはインディアンの酋長にわたりをつけ、小銃20挺と銃弾と塩を与える代わりに装甲馬車襲撃に協力することを約させた。そしてローマックスはピアースの牧場へ忍び込み、爆破用にニトログリセリンを盗み出した。いよいよ襲撃の手はずが整った。トウとビリーは盆地の峡谷にかかる木橋に爆破装置をしかけ、リーバイは大木を伐り倒して間道をふさぎ、ローマックスは橋の手前で待ち受けた。ピアースと30人の部下が守る装甲馬車はトウとローマックスそれにインディアンの強力な攻撃にあえなく全滅した。50万ドルの砂金を荷馬車の小麦粉の樽に移して彼らが引き上げようとした時だった。突然、攻撃に加わっていたインディアンの1群が襲って来た。だがニトログリセリンを使ったトウの機転で、インディアンたちは次々に倒れていった。また砂金も小麦粉とともに地面に散った。折りしも土地を追われたキオワ・インディアンの難民の大群が通りかかり、散らばった小麦粉を砂金とともにわれさきに奪い合った。それを見たリーバイは自分の部族へ帰って行った。金を失って怒ったローマックスもトウの馬を奪って立ち去った。この時トウは、彼らに協力して殺された老人が、ひそかに砂金の袋を御者台に隠したことを思い出した。果たしてそこには数個の袋があった。トウはビリーと老人の妻ケイト、そしてローマックスを加えた4人で山分けすることにした。

解説

クレア・ハフェイカーの西部小説『悪党』を彼自身が脚色、「続・荒野の七人」のバート・ケネディが監督した西部劇。撮影は「スタンピード」のウィリアム・K・クロシア、音楽はディミトリ・ティオムキンが担当。出演は「エル・ドラド」のジョン・ウェインン、「巨大なる戦場」のカーク・ダグラス、「渡り者」のハワード・キール、ロバート・ウォーカー・ジュニア、「消えた拳銃」のキーナン・ウィン、「逃亡地帯」のブルース・キャボットほか。製作はマーヴィン・シュワルツ。

1967年8月5日より

  • 配給
  • ユニヴァーサル映画
  • 製作国
  • アメリカ(1967)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト