泣きながら笑う日

1976年 主演・坂本九、松山善三監督作品

トラック運転手である亀山次郎が運転していたトラックが山間のカーブでパンクして崖から落ちそうになる。次郎は、自宅で留守番をしていた長男の啓一に妹が生まれたことを報告するが、啓一は、道路で夢中になって遊んでいた。警笛を鳴らしながら啓一に近づいて来たトラック。啓一は動かなかったため運転手は慌ててハンドルを切るが店に突っ込んでしまう。トラックの運転手が車から降りて来て啓一を怒鳴り付けるが、次郎が謝って事なきを得る。しかし、啓一の様子がおかしい事に気付いて…。(作品資料より)

解説

  • 配給
  • -
  • 製作国
  • 日本(1976)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:松山善三
    出演:坂本九/大谷直子/上村和也