空のギャング

マークは秘密命令を受け国境の密輸入者の一味を突き止めるため、秘かにその地方の旅客機の操縦士になる。ある時婦人の新聞記者ナンシイがこの旅客機に乗った。彼女も密輸団を探りに来たのであるが、マークを彼らの一味を思い込んで監視している。そのうち一味はマークの正体を知り、フェルドンの命でブラストが彼をやっつける役を買った。ブラストは旅客を装って彼の機に乗り、ナンシイもエア・ガールを買収して同乗する。空中でブラストは拳銃を突付けて、一味の巣窟に不時着せしめた上マークを監禁する。国境警備隊ではマークが空中から撮影した写真で巣窟の所在地を知って救助隊が出発する。ナンシイはマークの正体を知って手引きして彼を救い出し二人は飛行機に乗った。ブラストも追跡する。猛烈な空中戦を演じてマークはブラストを打ち落とした。密輸団を滅ぼした彼はナンシイの愛をも得たのであった。

解説

  • 配給
  • コロムビア支社
  • 製作国
  • アメリカ(1937)
  • ジャンル
  •  
  • スタッフ・キャスト