だれのものでもないチェレ
だれのものでもないチェレ
だれのものでもないチェレ

だれのものでもないチェレ

ひとりの少女の過酷な運命を描いた幻の傑作

1930年代初め、まだ独裁政治がおこなわれていたころのハンガリー。親に捨てられた少女チェレは、養育費付きで農場に出され、着るものも与えられず、裸のままで牛の世話を課せられ、飢えや寒さ、そして養母の虐待に耐える日々を送っていた。ある日チェレは家出をするが、すぐに孤児院に収容され、別の農場に引き取られてしまう。そこで使用人として働く老人とともに、馬小屋で暮らし始めるが……。

解説

1976年に製作され、国際的に大きな反響を呼びおこした傑作が、30年以上の時を経てニュープリントでのリバイバル公開となる。30年代のハンガリーを舞台に、ひとりの孤独な少女がたどる過酷な運命を、徹底的なリアリズムで描きだした衝撃作だ。監督のラースロー・ラノーディは、本作でカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭監督賞を受賞している。約7000人の中から見出されたという天才子役、ジュジャ・ツィンコーツィの無垢な瞳をとおして、怒りや悲しみを通り越した、人間の尊厳を訴える。「どんな人間でも人を侮辱してはならない」という監督の強いメッセージが見て取れる。チェレがたどる壮絶な運命は、観る者の心を強く揺さぶるに違いない。

2010年1月30日よりシネマ・アンジェリカほか全国にて順次公開

  • 配給
  • パイオニア映画シネマデスク
  • 製作国
  • ハンガリー(1976)
  • ジャンル
  • ドラマ 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ラースロー・ラノーディ
    出演:ジュジャ・ツィンコーツィ/ヨージェフ・ビハリ/アンナ・ナジ/マリアン・モール

公式サイトはこちら