作品 映画館 ニュース

特集:韓国国立映画アカデミー(KAFA)25周年記念映画祭 in 東京

韓国の代表的映画教育機関、韓国国立映画学校=KAFA。25周年を記念し、KAFAで製作された秀作短編の数々、新作長編、卒業生たちの代表作を一挙上映

■KAFA秀作短編集
<Aプログラム>12/13
『チャンスの就職時代』『わだち』『寒い朝に鳥が死んだ』『ウーマンF』『クー氏のカメラ』『コチョルのために』
<Bプログラム>12/14
『支離滅裂』『ある夏の日』『かくれんぼ』『童女』『Perdix』
<Cプログラム>12/15
『親密な空間』『大きな荷物を背負った老人』『手紙』『愛していい?』『アンニョン』『ウサギとクマ』『私の小さなドールハウス』
<Dプログラム>12/16
『再会』『血は止まらない』『海へ行く日』『36番目の囚人』『足』
<Eプログラム>12/17
『Request』『フランス軍中尉の女』『水の記憶』『ストップ』『キャンデー』『ファーストラブ』
<Fプログラム>12/18
『Kの伝説』『ハイスクールガールズ』『ほら穴の中の子供』『風が吹くとき』『ダ・カーポ』『無風状態』

解説

■KAFA新作長編作品集
『葬式のメンバー』(12/19、12/22)『ロマンはない』(12/21、12/24)『私は苦境に立った!』(12/20、12/25)
■特別上映
『アメリカ通り』(12/12)
■韓国映画ルネサンスを切り拓いたKAFA卒業生の作品群
『ほえる犬は噛まない』(12/18)『殺人の追憶』(12/12)『八月のクリスマス』(12/17)『ハピネス』(12/13)『ユゴ 大統領有故』(12/14)『火山高』(12/15)『美術館の隣の動物園』(12/16)
※12/23は短編傑作選:『クー氏のカメラ』『コチョルのために』『支離滅裂』『かくれんぼ』を上映。

2009年12月12日よりユーロスペースにて

  • 配給
  • [特集上映]
  • 製作国
  • 韓国(-)
  • ジャンル
  • その他 

公式サイトはこちら