イメルダ
イメルダ
イメルダ

イメルダ

大統領夫人として権力を手にし、“女帝”と呼ばれたイメルダ。その生涯を追うドキュメンタリー

マニラで生まれ、レイテ島で育ったイメルダは、成長するとともにその美貌に注目を集めた。下院議員のマルコスと出会ったイメルダは11日目で電撃結婚。国中を回り、票集めに協力した甲斐もあり、夫のマルコスはやがてフィリピン大統領に。イメルダはファーストレディとして国民の人気を集める。しかしマルコス政権は独裁化。イメルダも巨額の資金を管理するように。そして1983年、アキノ氏の暗殺事件を機に、民衆の怒りが爆発する。

解説

“大統領夫人”としてだけでなく、彼女自身も夫と同様に権力を持っていたと言われるイメルダ。本作は、近年行われた本人へのインタビューを核に、その幼少時代からマルコスとの結婚、絶頂期、そして国外追放と復帰までの、彼女の生涯が紹介されていく。年代記としては描き方がオーソドックスすぎてやや単調だし、インタビューでは自分のしたい話しかしないイメルダに振り回されているという欠点はあるものの、自分にしか通用しない人生哲学を言い出して“暴走”しているイメルダを見るのは面白い。過去にしてきた非難されるようなことを、正当化するために考え出した理屈だろうが、その理解しがたい理論にかつての権力者の“あわれ”を感じる。

2009年9月12日よりポレポレ東中野ほか全国にて順次公開

  • 配給
  • ユナイテッド・エンタテインメント
  • 製作国
  • フィリピン(2004)
  • ジャンル
  • ドキュメンタリー 
  • スタッフ・キャスト
  • 監督:ラモーナ・ディアス
    出演:イメルダ・マルコス/レティー・ロクシン/ロレート・ラモス/コンラッド・デ・キロス/キャサリン・エリソン/フェルディナンド・ボンボン・マルコス・ジュニア

公式サイトはこちら